2016年8月23日火曜日

面影


先日、トミカショップで出会った「ニッサン セドリック 2000スパーデラックス(1971年式)」。
これは、私が幼い頃に父が乗っていた車。

トミカにしては少しお値段が高くて、購入を迷っていたが、父の遺影の前に飾りたくて、買ってしまった。

やはりこの車には、亡き父の面影を感じる。
「私が買わずに誰が買う」という使命感が、ネットショップの購入ボタンをクリックさせた。



テールランプのデザインが懐かしい。
きっと父も喜んでいるだろう。

子供にとって、父親の乗っている車って、なんとなく誇らしいもの。

私の愛車と同じトミカを、いつも宝物のように握っている我が家の3歳の末っ子。

「これパパのクルマ」と、説明してくれる息子に私も言った。
「これ、パパのパパのクルマ」。

2016年8月1日月曜日

シン・ゴジラ

先週公開された「シン・ゴジラ」を公開初日にレイトショーで鑑賞。



(数十年ぶりに映画のパンフレットを購入した)


エヴァンゲリオンの庵野秀明監督が総監督・脚本を手掛けた話題作。
予備知識が入ってしまう前に観たくて、公開初日に劇場へ出かけた。

場内には、私と同世代の中年男性が姿が多い。
その殆どがお一人様。
私も同様。

多数のお一人様オヤジ作り出す崇高な雰囲気。
「シン・ゴジラ」公開初日にふさわしい空気感である。

観終えた感想としては、「想像以上」
ゴジラシリーズの第一作を現代版にリメイクした「新・ゴジラ」であり、これぞ「真・ゴジラ」の感。

ゴジラの設定を借りた「実写版エヴァンゲリオン」という感じの作りは、評価が分かれるか。
私は、エヴァンゲリオンのファンでもあるので、「アリ」である。

映像は、CGを駆使しながら、特撮のミニチュア感と埃っぽさを再現しているところが素晴らしい。

私は、最低でも、もう一度、いや、あと2回は劇場で鑑賞したいと思う。
とにかく、凄いです。

2016年7月12日火曜日


事務所の建物の入り口に、ツバメが巣を巣を作った。

先日から雛鳥の声が聞こえ始め、餌を求めて顔を出す姿を目にするようになった。

その雛鳥たちは順調に大きくなり、もうすぐ巣立ちを迎えるようだ。


懸命に餌を運ぶ親鳥の姿に、共感していた私。

頑張れ親鳥!
あと少しだ!

私は、まだまだ頑張るよ。。。

2016年6月23日木曜日

宝物

先日、友人でイラストレーター(アニメーションクリエイターでもある)の池田ピロウ氏から、「誕生日のお祝いに」と、家族写真のイラストを頂いた。

オリジナルは、約3年前、末っ子の生後100日祝いに撮影した家族写真。

先日成人した長女がまだ高校生。
毎日手を焼かせている元気な末っ子も、まだおとなしくママの膝の上。
我が家の大切な節目の記念写真である。

過日、その画像をピロウ君に送り、イラストにして欲しいと依頼していた。




普段、デジタルの手法で作画している彼が、手書きで仕上げてくれた。
描かれた線や配色は、入魂の軌跡。
暖かく優しいタッチが心を和ませる。

多忙の時間をさいて、よくここまで描いてくれたと思う。

自宅のリビングルームに掛けられたイラストを何度となく眺める。
これはまさに宝物。

ちなみに、私は約5割増しで、男前に描かれています。

ピロウ君、ありがとう。

2016年6月13日月曜日

旧友

先週末、旧友たちとの会食のため、大阪へ。

この機会に、暫く足が遠ざかっていた父の墓参りを済ませ、友人が営む近くの飲食店にも顔を出す。

いつ訪れても、変わらぬ時間がそこにある。

そして夕刻、旧友たちと約10年ぶりの再会。
会食のお店も、旧友が3年前に開店した居酒屋。

「店主」の姿を見せるのが少し照れくさいようで、その様子が微笑ましい。
三々五々、友人たちが店に集う。

顔を会わせた瞬間、隔たりの時間が消えてなくなる。
「旧友」とは、素晴らしい。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、日付が変わる少し前に散会を迎える。
ひとり一人と握手を交わし、再会を約束する。

皆が元気な間に、楽しい時間を共有したいと思う。
互いに歳を取ったからね。


また大阪の街へ会いに行きます。


(宿泊した部屋から眺めた大阪の街)


2016年6月9日木曜日

祝福

昨晩、お取引先の飲み会に参加させていただいた。

宴たけなわな頃、店内が突如ハッピーバースデイの雰囲気に包まれる。

「だれか誕生日なんだ」と思っていると、お祝いのお皿が私に近づいてくる。

「俺だった~っ!!」



幹事の粋な計らい。

嬉しいサプライズで、店内の皆様に頭を下げる私。
皆さま、ありがとうございます!

Facebookでも、たくさんのお祝いメーッセージをいただいた。

こんなに大勢の方から祝福を受けたのは生まれて初めてかも知れない。

皆様のお陰で、素晴らしいアラフィフデビューとなりました。
昨日から、とても幸せです。

2016年5月18日水曜日

富士山

本日、装置の引き取りで静岡へ向かう道中、浮世絵のような姿の富士山を目にした。

青空と赤い山肌、そして白い残雪とのコントラストがなんとも美しい。
これぞ富士山。
子供のころに通った銭湯に描かれていたような景色である。

その美しさを写真に収めようと、帰路の道中、絶好の撮影ポイントを求めて、東名高速のパーキングエリアをハシゴする。
そして辿り着いたのが、足柄サービスエリア。



私ごときが撮った写真だと、その美しさは捉えきれない。
富士山、申し訳ない。